アンチエイジング 栄養編

【アンチエイジング】増やしたくない!老化ホルモン

老化ホルモン

インスリンとコルチゾール

『インスリン』は、すい臓から分泌され、血糖値を下げて、体内の細胞にエネルギー源となる糖を届けています。

血糖値を下げる唯一のホルモンなのですが、糖が余れば脂肪組織に蓄えさせます。

言い換えると、『インスリン』の分泌量が増えると体脂肪増加を促進させるので『肥満ホルモン』と呼ばれています。

 

『インスリン』の作用で脂肪細胞が増大し、『インスリン』の効きを悪くしたり、高血糖を招く悪玉ホルモンが分泌されて、動脈硬化を防ぐ善玉ホルモンの分泌が低下すると、高血糖や高血圧、肥満を引き起こして、『老化』が加速していきます。

 

 

もう一つの『老化ホルモン』は『コルチゾール』です。

別名『ストレスホルモン』と呼ばれています。

 

『コルチゾール』は、睡眠中の午前3時頃から明け方にかけて分泌量が増えて、身体を覚醒させたり、炎症やアレルギーを抑えたり、脂肪を燃焼させてエネルギーを作り出す働きをします。

 

ただ、『コルチゾール』も『インスリン』と同じく、分泌量が適量なら身体のリズムを整えたり、免疫力を高めて身体に良いホルモンなのですが、睡眠不足や強いストレスなどによって過剰に分泌されると、血糖値の上昇、免疫力の低下、血圧上昇などを引き起こし、身体はダメージを受けて、『老化』が促進されます。

 

『インスリン』も『コルチゾール』も、身体の調子を整えるはずのホルモンが、時として『老化ホルモン』になってしまうのですが、それには『老化ホルモン』に変貌させないような生活習慣が大切なのです。

 

早食い、ドカ食い、暴飲暴食はやめて、睡眠不足、過剰なストレスは避ける生活習慣にしていきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です