7月 012019
体の機能を整える 朝の水分補給!

朝一番の水分補給

私たちの体からは、目に見えないレベルで水分が失われています。

特に睡眠中は長時間にわたって断水しているので、目覚めの体は脱水状態です。

血栓や心筋梗塞、脳梗塞が起こりやすい状態になっているといわれています。

また活動にともなって、血圧や脈も高まるタイミングなので、朝起きたらまずコップ一杯の水を飲み、血液と体中の細胞に水分を行き渡らせることが大切です。

 

また、睡眠中に出た老廃物や毒素が尿や便となって溜まった状態になっています。

朝起きて水を飲むことで胃腸が動きはじめ、排泄、排便が促されます。

 

体温を保持する

体の水分には体温維持の働きがあります。

また、朝食で生まれた熱エネルギーは血液にのって体中をめぐります。

 

血液を巡らせる

栄養素や老廃物は、血液中の水分に溶け込んで運搬、排泄されます。

排泄の時間である朝の水分不足は禁物です。

 

十分な体液を満たす

体液は消化や代謝に不可欠です。

睡眠中に体液の水分は減少するので、朝の代謝アップのためにも速やかな水分補給を心がけます。

 

目覚めのドリンク

目覚めに飲むのは、常温の水白湯が理想的です。

朝はコーヒーを飲む人が多いですが、すきっ腹にカフェインを取り込むことは、胃に負担がかかってしまい「ストレスホルモン」のコルチゾールの分泌が乱れ、疲れやすくなったり、体内時計が乱れる可能性があります。

朝のコーヒータイムは朝食後にしましょう。

 


Write a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll Up