7月 022019
朝食は酵素が生きた食材を摂る!

酵素が生きた食材で太りにくい体になる!

朝食によって、体は休息モードから活動モードに切り替わり、エネルギーを作り始めます。

起床後の体は代謝機能が低下した状態です。

血糖値は低く、「肥満ホルモン」のインスリンが出やすい状態です。

そこへいきなり、菓子パンや甘いパンケーキなどを食べれば血糖値が跳ね上がります。

そして、代謝が追いつかずに肥満街道まっしぐら・・ということになってしまいます。

 

そんな朝にオススメしたいのが、フレッシュな食材です。

生の果物や野菜は、生きた酵素と栄養がたっぷりです。

特に果物に含まれる「果糖」は、インスリンを必要とせず、素早くエネルギー化されるので、朝の肥満対策に最適です。

納豆や味噌といった発酵食品も消化吸収がよく、代謝をアップしてくれます。

 

とっておきのモーニングメニュー

アサイーヨーグルトボウル

アサイーピューレには抗酸化成分がたっぷり。

無糖ヨーグルト、バナナなどの果物をプラスして、はちみつをかけていただきます。

 

リンゴ&ベリーのグリーンスムージー

リンゴの種は酵素の働きを妨げるので、注意が必要です。

ベリーは冷凍ブルーベリーなど、野菜は小松菜やケールがオススメです。

 

納豆と海苔の卵かけごはん

納豆には食物繊維、タンパク質、血液サラサラにする酵素が含まれます。

焼き海苔には、ビタミンが豊富で、栄養バランスがバッチリです。

 

具だくさん味噌汁とおにぎり

具は野菜、海藻、卵、豆腐などなんでもOKです。

血糖値を急上昇させないように、味噌汁、おにぎりの順でいただきましょう。

 


Write a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll Up