アルガトリウムの効果

アルガトリウムの効果

 

アルガトリウムの高い抗酸化作用が、活性酸素から身体を守る効果があるといわれています。

 

人体には、少なからず活性酸素が発生します。

 

活性酸素は、紫外線やストレス、食生活の乱れなど、あらゆることが原因となります。

 

活性酸素が体内に増え続けると、細胞を傷つけたりガンの発生率を高めることになります。

 

活性酸素が遺伝子DNAを傷つけることがあり、DNAの修復が間に合わないとガン細胞の発生率が増加することになります。

 

また、紫外線により、お肌の表皮に活性酸素が増え続けると、肌の細胞を傷つけ、シミやソバカスの原因になったり、メラニン色素のターンオーバーが上手くできず、シワが増えたりします。

 

アルガトリウムの活性酸素の除去効果は、素肌に良いと言われているビタミンC、ビタミンE、コエンザイムQ10などに比べ、2~5倍も強いと言われています。

 

アルガトリウムは、活性酸素がメラニン細胞を刺激して、メラニン色素生成するのを抑制、メラニン色素の沈着も抑える効果があり、シミやソバカスを減らす効果があると言われています。

 

これは、細胞自身がグルタチオンという抗酸化作用をもつ物質の生成する働きを、アルガトリウムが助けるというメカニズムによるものです。

 

アルガトリウムは、シミの生成を抑えるということだけではなく、できてしまったシミにも効果があるということなのです。

 

http://algathree.com/lp/?aid=108

Scroll Up